底地をアメリカの農業の視点から考察してみる

アメリカ産業は時代と共に変化しながらも、発展を遂げてきました。
古くは、フォードなどの自動車産業が盛んでしたが、
今ではネット産業の会社が隆盛を極めていますね。
たとえば、マイクロソフトやアップルはアメリカで誕生した会社です。
また、アマゾンもアメリカ人がつくった会社なのです。
世界中でなくてはならない会社がたくさん生まれていることから、
今後も発展していくことは間違いないでしょう。
さらに、農業も見逃せないポイントとなっています。
大規模な土地を使って大量の生産を行うので、スケールメリットがあるのです。
だからこそ、底地としての価値が上がっていくのでしょうね。
農業にも使えるし、ビジネスの場としても活用できるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>