キューバ旅行中に農業について学ぶツアー

世界で最も有機農業が進み、今注目すべき国はどこかと問われた時にあなたならどう答えますか。
日本ではあまり知られてはいませんが、実はキューバは世界でも類を見ない有機農業先進国です。
キューバの耕作地はサトウキビと放牧地を除くと約190万ヘクタールありますが、この8割が有機や減農薬・減化学肥料の環境保全型で営まれているのです。
キューバ旅行でこれらの農業について学ぶツアーも企画されていて、好評を博しています。

キューバの農業事情

キューバの有機農業の歴史は、まだ日が浅いものです。
90年までは遅れた発展途上国といったイメージとは裏腹に、筋金入りの近代農業が追及されてきました。
灌漑設備が整った数万ヘクタールの大規模農場を旧ソ連製の大型トラクターが走り回り、飛行機が空からコメの種もみを撒く。
大量の農薬と化学肥料が散布されていました。
栽培品目はサトウキビ・かんきつ類・タバコ・コーヒーなど換金作物が大半、でこうした農産物の輸出で得た外資で生活物資の大半を輸入するという、国際分業論を絵にかいたような国づくりを進めてきたのです。
大胆な有機への転換が成功した背景には、技術の裏付けがあります。
キューバは土が痩せ病害虫の発生も多く不利な条件でしたが、1955年の革命以来大学まで無料の教育制度を作り人材育成に力を注いできました。
農業関連だけでも多くの研究機関があり、バイオテクノロジーや医薬品の開発は先進国に匹敵します。
これらの人材や技術が有機農業の技術開発へ動員されたのです。

日本で応用できることも多い

世界の農業は今経済のグローバル化と、新自由主義経済による国際分業によって翻弄されています。
しかし地球は生態的には閉鎖系で、石油やその他の地下資源もやがては枯渇することを考えれば、キューバが経験した出来事は日本を含めて、どこの国もいずれは直面する事態といってもよいでしょう。
そのときいち早く閉塞状況を切り抜けつつあるキューバは、人類の未来にとって明るい希望をもたらす存在といっても過言ではありません。
有機の取り組みについても、日本ではこれまでほとんど紹介されていませんが、欧米ではよく知られていてキューバの有機NPOはもう一つのノーベル賞と言われている、ライト・ライブリーフッド賞を受賞しています。
キューバの有機の基本はあくまで高付加価値の開発ではなく、自給にあることにあります。
その国に住んでいる人たちがその土地でできたものを食べること、それが一番安くつくし健康につながるのです。
日本でも付加価値ばかりに目を奪われないで、食糧自給率をキューバに見習って高めていかなければなりません。

陥没乳頭手術の技術と農業の技術の接点

技術というのは意外なところで結びついていて、全く違う分野に見えてもそれらが相互に応用できるものもあるものです。
見方を変えれば一つのものにしか使うことができないという技術のほうが少なく、一見すると他に使いみちがないようなものであっても、ちょっとしたことで有効活用できることも少なくありません。
新しい発見をすることも大事なことですが、既存のものを別のものにどのようにして応用をしていくのかということもまた大切なことになります。

農業も医療も技術の発展が著しい

農業というのは未だに人力で行う部分が多いだけに、大昔から変化がないように思えますが、それでも発展は非常に著しいものとなっています。
農作業をする機械にしたってすべてを人の手でこなしていた時代からすれば目覚ましい進歩がありますし、作物にしても品種改良によって味が良くなったり病気に強くなったりしている部分はたくさんあります。
医療の世界も同様にほんの少し前までは治すことができなかった、様々な病気を簡単に治すことができるようになりました。
陥没乳頭のように人類の歴史においてそれほど脅威とされていないものであっても、医療の技術が低かった時代は簡単に手術をすることはできませんでした。
優先順位が低いこともありますから、長い歴史の中で人知れず悩んでいた人も少なくありませんでしたが、今日では気軽に治すことができるようになったのです。
普段何気なく生活をしていると気づきにくいものですが、これらの進歩は非常に早く進んでいます。

相互に応用できる部分もある

農業と医療では全く分野が違うように思えますが、技術の部分だけで言えば応用できるところも少なくありません。
これは農業と医療に限らず、工業分野など様々な分野で同じことが言えるものです。
一つの技術というのは、なにか特定の物にしか役に立たないわけではなく、使い方次第では別のところでも応用ができることはよくあることです。
後は以下にいて既存の技術を他のところで応用をすることができるのかが鍵になり、それを考え出す頭というのが今の時代重要視されるようになってきています。
新しいものばかりをありがたがる世の中ではありますが、常に新しいものに目を向けるのではなく、今あるものに対して少し見方を変えて、別のことに使うことができないかと考えてみることも大切なことになります。
応用をすることで新発見があるということは長い歴史の中で頻繁に起こっていたことであるため、これからの時代こそ応用力というのを更に磨いていきたいところです。

東京の結婚相談所でスタッフとアメリカの農業と日本の農業の違いについて語り合った

農業が国際問題になっていることは以前から知っていましたが、
身近な問題としてとらえていませんでした。
東京の結婚相談所のスタッフと語り合う機会があり、色々と話をしました。
日本にいてはわからないことが次から次へと知る機会がありました。
日本の農業を知らずしてアメリカの農業を語ることはできないと痛感しました。
国土の広いアメリカはスケールも違います。
なにもかも大規模なアメリカです。
アメリカの農業は大規模な土地を活用した機械化が進んでいると感じました。
今までが井の中の蛙で世界をあまりにも知らなすぎました。
百聞は一見に如かず。
自分の目で見て知ることがいかに重要なことかわかりました。
農業に実際に携わる人との交流は生の声が聞こえてきます。

電話占いでアメリカ農業の未来を教えてもらう

世界各国の首脳が話をして、経済の連携協定を結ぼうとしています。
日本の業界としても考えなくてはならないことですが、
アメリカの農業の行く末が気になりますね。
そこで電話占いをつかって、アメリカ農業の未来を教えてもらいました。
電話占いは無料のものもあるので、とても便利です。
気になったことを気軽に占ってくれるツールとして最適ですね。
まずは決められた電話番号に電話をして、アメリカ農業の今後について聞いてみました。
もちろん、不確定要素のあることなので当たるも八卦、
当たらぬも八卦の精神で楽しんでいます。
しかし、電話占いはいつも核心をついてくるので頼りになる存在です。
これからも困ったことがあったら聞いていきたいです。

チャーター便でアメリカの農業を学びに行く

農業をすることを志し大分準備も整ってきたのですが、
最後にアメリカで農業の勉強をしてこようという気持ちになりました。
広大な大地を持つアメリカで合理的に農作物を生産するというのは、
学ぶべき点が多いと考え一度現地で勉強をしたいと考えたのです。
たまたま支援をしてくれる人が見つかってチャーター便でアメリカに行くことになったわけですが、
これが今まで経験をしたことがないことでそれだけでも勉強になるなと感じました。
現地に降り立ったときには日本とは違うという感じが肌で感じることができ、
外国に来たのだなという実感がありました。
そして、現地にて大規模農業を実際に目で見て勉強をすることができたので、
とてもためになったのです。

底地をアメリカの農業の視点から考察してみる

アメリカ産業は時代と共に変化しながらも、発展を遂げてきました。
古くは、フォードなどの自動車産業が盛んでしたが、
今ではネット産業の会社が隆盛を極めていますね。
たとえば、マイクロソフトやアップルはアメリカで誕生した会社です。
また、アマゾンもアメリカ人がつくった会社なのです。
世界中でなくてはならない会社がたくさん生まれていることから、
今後も発展していくことは間違いないでしょう。
さらに、農業も見逃せないポイントとなっています。
大規模な土地を使って大量の生産を行うので、スケールメリットがあるのです。
だからこそ、底地としての価値が上がっていくのでしょうね。
農業にも使えるし、ビジネスの場としても活用できるからです。

カラコンを通販で購入したときに、ふとアメリカで農業をしたくなった

カラコンで通販をした時に、何かと簡単に入手をすることができない日本というのは
なんて面倒な国なのだろうかと思ってしまいました。
その時に自由の国アメリカに行きたいという気持ちが湧いてきて、
更に広大な土地で農業をしたいと思ったのです。
狭い日本を飛び出して自由と広大な土地があるアメリカで農業生活をするというのは、
どれだけ楽しいのだろうかと空想してしまいました。
もちろん、日本にも良いところはたくさんあるのでしょうが閉塞感が漂う最近のことを考えると、
自由の国にいってみたいという思いが強くなりました。
アメリカの農業というのは効率重視とも聞きますし、
気楽に農作物を育てる生活というのはとても魅力的でしてみたいものです。

xyステージについて調べた後でアメリカの農業について考えてみた

xyステージのことについて調べていたのですが、
なかなか難しいものばかりで知りたいことをはっきり知ることができませんでした。
それと同時にこれらのものの走りというのは、全てアメリカから来ているのだなと思うと
世界をリードする国の凄さというのを改めて感じることになったのです。
そして、ハイテク先進国でもありながら農業先進国でもあるというところが
またすごいなと思い感心をさせられます。
広大な土地を持っているわけですから、農業をするにも適しているわけで
効率よく農作物を育てるのであれば、農機具なども発達するわけで
それが現代のアメリカ社会の礎となっているのかと考えると、
土地と農業というのは非常に重要なものなのだなと感じます。

農業の中古機械を買取してもらった後で、アメリカの農業について調べてみた

中古機械の買取のサービスの実績がある業者は、全国の都市部を中心に増え続けています。
特に、アメリカの農業の実態をきちんと調べておくことによって、
短期間のうちに様々なメリットを実感することができます。
現在のところ、中古機械の買取のシステムの良しあしに関して、
数多くの情報誌などで特集が組まれるケースが増えてきており、
少しでも知りたいことがある場合には、同年代の人々のレビューに
目を向けることが望ましいといえます。
その他、最新式の中古機械の買取のサービスの利用方法に関しては、
一般の消費者にとって、すぐに理解をすることが難しいといわれていますが、
まずは必要な知識を身に着けることが重要なポイントとしてみなされています。

リフォームのチラシのデザインをしながらアメリカの農業に思いを馳せる

リフォームのチラシをつくっていると、現代社会に思いをはせることになります。
どんな人がリフォームをしたいのかを想像する必要があるからです。
ユーザーの気持ちを代弁するようなリフォームのチラシをつくれば、広告効果が絶大になります。
アメリカの農業にも思いを巡らせていたのですが、リフォームと農業は同じなんですよね。
一見すると違うようにも見えますが、どちらも人間が生きていくうえで欠かせない技術です。
だからこそ、どちらが欠けても人間は生きてはいけません。
より普遍的なデザインを考えようとすると、人間とはどうあるべきかを考えてしまいます。
日本にもいい影響を与えるべく、これからもアメリカの農業には
発展を続けていってほしいですね!

破魔弓のカーブ曲線とアメリカ農業の推移の近似性について

破魔弓のカーブ曲線を見てこの曲線というのは、
アメリカ農業の推移に似ている部分があるのではと感じました。
弧を描くという言葉はそもそも弓から来ているわけですから、
弧を描くように推移しているものというのは全て似ているというのは
当たり前の話なのですが、破魔弓とアメリカ農業に近似性があるということを考えると
なんだか不思議な感じがして新たな発見があるように感じたのです。
それほど歴史が古い国の話ではありませんから、
開拓時代は農業が盛んに行われ科学が発展することによって
逆に衰退をしていく姿というのは、世界をリードするアメリカらしいという感じがあり
何とも言えない気持ちとなりました。
このようなことを考えさせられる、破魔弓というのもまた神秘なるものですね。